コラーゲン

ローヤルゼリーはどのように保管するのか

ローヤルゼリーは、http://www.gege.jp/kouka.htmlにも書いてあるようにミツバチが主に女王バチの食物として作り出す栄養価の高い健康食品です。
ただし、この物質は熱に弱く、高温でその成分が変化してしまうという欠点があります。
そのため、ローヤルゼリーをミツバチの巣からとった直後には、冷凍してそのまま保存し運搬されます。

今の日本では輸入品がほとんどで、その多くが中国や台湾となっていますが、冷凍しなければならないことや冷凍したままの運送にはコストがかかりますので、これが価格が高い原因の一つになっています。

製品としてのローヤルゼリーには三種類あります。
一つは、上記のようにハチの巣から取り出しすぐ冷凍されたものをそのまま製品した生ローヤルゼリーです。
http://dayspasct.com/power.htmlにも書いてあるように、この生タイプは上記のように熱に弱いですから、製品を購入した後には冷凍庫などに入れて冷凍保存をします。
実際に使用する時には、使用する分だけを冷蔵室において解凍します。
この解凍したものをヨーグルトやジュースなどで割って飲むのがよく行われている方法です。

ローヤルゼリーは熱に弱いことから、この時に熱い紅茶やコーヒーなどで割ったりはしません。
もうひとつは、生タイプを乾燥させた製品があります。
これは、熱して乾燥せずに冷凍乾燥などの方法で作られるそうですが、
その成分は加工する時に変わってしまうといいますので、体への効果の方も多少生タイプより劣るかもしれません。
このように乾燥させたローヤルゼリーは、そのまま常温で保存できます。
ローヤルゼリーの1日の摂取量目安について詳しくはこちらhttp://www.fivestarties.com/11.html

最後は、サプリメントやドリンク剤等として製品化されたものです。
これらは調整ローヤルゼリーという分類になりますが、生タイプを加工して錠剤やカプセルなどの固形化されたものやドリンク剤のように液体状のものがあります。
日本では、調整タイプには、六分の一以上のローヤルゼリーが配合されなければならないという規制があるだけですから、製品によって成分の含有量が違っています。
このような製品は、乾燥タイプ同様に常温での保管ができます。
ローヤルゼリーの注意点についての記事も是非ご覧ください。詳しくはこちらhttp://www.gyteturkce.org/10.html

Copyright(C) 2013 栄養素が高い素晴らしいものとは All Rights Reserved.