コラーゲン

ローヤルゼリーの質感

ローヤルゼリーはhttp://www.innsysinc.com/main.htmlにも書いてあるようにミツバチが作り出す食物で、主にミツバチの女王バチが一生の間食べ続ける(この他には食べない)もので、これを食べている女王バチは働きバチの何倍も長生きをして、その間にたくさんの卵を産みます。
このようなことからローヤルゼリーは長寿の食物と考えられ、昔から中国などでは重宝されたという話です。

ミツバチの巣から摂れ、生ローヤルゼリーと呼ばれ(分類され)乳白色のちょうど西洋菓子などで使われるカスタードクリームに質感がよく似ていると言われます。

生ローヤルゼリーはそのまま食べてみますとピリっとする刺激がありますので、何かで薄めて(割って)飲むのが普通ですが、温度の高いコーヒーや紅茶などと混ぜますと効果が落ちるといわれています。
混ぜるのであれば、乳酸菌の豊富なヨーグルトなどが良いということもいわれています。

このような生タイプは、保存が少し面倒で、ミツバチの巣からとったものはすぐに冷凍され、そのまま運搬するということになり最終的に顧客の手元に届くまでの温度管理は大変手間がかかります。

これは、ローヤルゼリーが高温でその品質が劣化しやすいという事が原因なのですが、
先ほどの熱いコーヒーなどと混ぜ手はいけないというのは、このような理由からなのです。

購入して家庭に届いたら冷凍保存が基本で、使う分の少量だけは冷蔵保存するといったやり方で使います。
ローヤルゼリーには、生タイプ以外にも乾燥したものやサプリメントのように加工されたものもあります。
おすすめのローヤルゼリーhttp://www.healthetech.com/recommendation.htmlこちらの記事も参考に是非ご覧ください。

ただし、これらの製品はその効果が生タイプのものより劣るといわれていますので、効果を優先するのでしたら生タイプが一番です。
加工されたローヤルゼリーには、錠剤なとの固形物になっているものとドリンク剤のように液体になっているものがあります。
いずれの製品もローヤルゼリーの入っている割合は製品ごとに異なっていますが、生タイプで換算しますと、一回分で1g以下のものが多いようです。
そんなローヤルゼリーですが副作用はあるのでしょうか詳しくはこちらhttp://www.hollandlimo.net/uku.html

Copyright(C) 2013 栄養素が高い素晴らしいものとは All Rights Reserved.